まんぼう仕掛けの解説  A 大型魚礁45p仕掛け   
◆釣りのヒントに戻る◆ | ホーム | BBS 



竿や道具
@ 竹竿のメリット

A リールの選択

B 良い道具が必要な理由

C チヌマチックにハマる!?

D リールの選択'08秋



仕掛けや釣り方
@ かかり釣りでのマル秘テク

A 置き竿の方法

B 私流!カレイの活性の見分け方

C 釣れない時が大切

D



まんぼう仕掛けの解説
@−11・12 大型魚礁80p仕掛け 

A 大型魚礁45p仕掛け

B−A マコ流し3本針仕掛け

B−B マコ流し2本針仕掛け

G−L・Lα ドロ捨て場ロング仕掛け



今月の1冊
まんぼうも、この本で学びました。
釣りの結びがわかる本だれにでもできる釣り糸の結び方を詳細網羅!
釣りの結びがわかる本だれにでもできる釣り糸の結び方を詳細網羅!


工房まんぼう
釣り歴40年のまんぼう親父が 使いやすさにこだわった
シンプルで丈夫なつり具を 販売しています。

【今月のオススメ】…

A 大型魚礁45p仕掛け

 私が、自分のカレイ釣りスタイルを確立するきっかけになった仕掛けです。
 どんな誘いでも、カラミを心配せずに安心してできるところが、最大の利点です。上針までが4p。そのハリスは3p。カレイのアタリがダイレクトに伝わります。下針の位置も、通常の仕掛けの中針程度ですので、かなり明確にアタリが出るのです。1枚掛けにこだわらなくても、ダブル・トリプルもちゃんとできルンです!
 この仕掛けでは、『オモリの着底』を意識して誘うと、良いと思います。短い仕掛けだから、と、小さな誘いをする必要はないのです。好きな誘いを試してみて下さい。カレイという魚の、意外な面が発見できるはずです。
 カレイがオモリに寄って来るのだということが、はっきりとわかりますよ!
 
 私は、この仕掛けをどこでも、どんな釣り方でも使います。始めに使い、よほど結果が出ない限り、ずっと使っています。それによって、カレイについていろいろと教えられるものがあるのですね。
 たとえば、『下針に釣れる時は、カレイの活性が低い』。これは、真っ赤なウソです! ’03年の4月に某所のかかり釣りで5枚釣りました。そのうち3枚が、この仕掛けの上針に釣れてきたのです。当日は冷たい雨が降り、気温も低く、うねりは2mほど、と高活性には程遠い状態でした。それで、そういう結果です。
 その時には、他の人も1〜5枚でした。これで活性が高い、と言えるのでしょうか? 活性の高さは、釣れてくる針の位置ではわからない、というのが私の持論です。この続きは・・・『仕掛けと釣り方編』に書きますので、お楽しみに!
詳細はこちらから  





Copyright © 2004.工房まんぼう All Rights Reserved.
++ Netmania