釣りのヒント 竿や道具編  A リールの選択    
◆釣りのヒントに戻る◆ | ホーム | BBS 



竿や道具
@ 竹竿のメリット

A リールの選択

B 良い道具が必要な理由

C チヌマチックにハマる!?

D リールの選択'08秋



仕掛けや釣り方
@ かかり釣りでのマル秘テク

A 置き竿の方法

B 私流!カレイの活性の見分け方

C 釣れない時が大切

D



まんぼう仕掛けの解説
@−11・12 大型魚礁80p仕掛け 

A 大型魚礁45p仕掛け

B−A マコ流し3本針仕掛け

B−B マコ流し2本針仕掛け

G−L・Lα ドロ捨て場ロング仕掛け



今月の1冊
まんぼうも、この本で学びました。
釣りの結びがわかる本だれにでもできる釣り糸の結び方を詳細網羅!
釣りの結びがわかる本だれにでもできる釣り糸の結び方を詳細網羅!


工房まんぼう
釣り歴40年のまんぼう親父が 使いやすさにこだわった
シンプルで丈夫なつり具を 販売しています。

【今月のオススメ】…

A リールの選択

 私が今、カレイ釣りで使用しているリールは、シマノ・AXIS100バージョン2AXIS100・101、チヌマチック1000XT、ダイワ・トライフォース155です。すべて、カレイなどの船釣り用リールではありません。なぜか・・・?
 私がカレイ釣り用のリールに求めるものは、ホドホドの価格で、軽さ・コンパクトさ・回転性能の高さ・ドラグ性能の良さ、と、程よい大きさのダブルハンドルであること、です。
 そう考えると、一般的な船用リールは、まず、アウトです。ハンドルが大きすぎて、ほとんどがシングルなのです。ダブルハンドルにこだわるのは、とっさに手を掛けた時に、握りやすいということと、回転バランスがいいということです。また、棚取りをする時に、竿を握ったまま、その手で裏からハンドルを回すので、コンパクトさは外せません。その他の性能は、どんな釣りでも大切な要素ですしね。
 そんな目で選ぶと、ベイト用リールにしか、選択肢がなくなってしまうんですね。チヌマチックは、かかり釣り限定で使用しています。右巻きなので、手持ちで使う左手側の竿に使用しています。竿と合わせた重量で、300gちょっと。軽いですよ。クラッチも使いやすいので、誘いをかけるのもとってもラクです。
 予算を気にしなければ、もっと高価なリールもありますし、性能も良いです。私の懐具合に見合ったもので考えると、このクラスに落ち着いています。
 船で釣るから船用のリール、ではなく、自分の希望に合ったものを探してみると、意外な発見があって、釣りが、より楽しくなると思いますよ。


Copyright © 2004.工房まんぼう All Rights Reserved.
++ Netmania